留学をする人は、学生や社会人でも多いですが、ほとんどの人はあまり勉強をすることなく留学をしています。留学をすると自然に英語が話せるようになると勘違いしているからです。そのような人たちは、英語に慣れることはできても、片言のみの英語になってしまいます。文法が分からないのに文章にして話せるわけが無いからです。実際、ほとんどの日本人は、日本人ばかりで固まって、ほとんど語学が進歩しないまま終わっています。これではただ単に海外旅行をしただけになってしまいます。そこで、留学前にはしっかりと英語を勉強しましょう。基本的な文法は全てマスターしなければいけません。単語もある程度知っていなければいけません。留学は最初から語学を勉強する場ではなくて、学んだことをアウトプットする場なのです。やはり楽をして上達するということはありえないと実感しています。留学前にしっかりと勉強したからこそ、実践的な練習に専念することができました。